Leave a comment

介護事務にかかるソフトの導入とシステム化

介護サービスを提供する企業において、高品質なサービスを安定的に提供するためには、経営の健全化は大きな課題です。 Continue Reading »

Leave a comment

介護認定におけるシステムとは

介護保険を利用するためには必ず認定調査を受けなければなりません。
認定調査とは、調査員が対象者と面談し決まった項目について質問し、
身体の動きを確認します。
質問する内容は認知面やADL、今の生活について細かく尋ねます。
体の動きは麻痺や拘縮の有無、
歩行はできるのかどうかといったことを確認します。
さらに、家族に対して認知症状がないかを尋ねます。
調査員は調査が終わると報告書をまとめます。
調査員がまとめた報告書と医師の意見書を合わせて
介護認定審査会と呼ばれる会議にて
ケアマネや医師といった専門職が集まって実際の介護度を決めます。

つまり、認定調査員に対象者のことを正しく伝えないと
正しい認定を行うことができないというシステムになっています。
家族が調査員に対して実際の現状よりも
自分でできているように話すと介護度は下がってしまいます。
もし、一度決まった介護度に対して不服であったり、
調査時よりも状態に変化が見られるというときには
区分変更という形で再調査を行うことができるシステムも整っています。
そのシステムを活用することで、
自費にすることなくサービスを増やすこともできるのです。
介護の請求ソフトについてはこちらです。
ただし、重く判定されればされるほど利用料金は高くなってしまいます。
中には状態が軽くなったにも関わらず
以前の認定のまま利用している人もいますが、
同じサービスを使うのであれば認定が軽い方が安くなります。
さほどサービスを使わないのであれば、
再調査を行うというのも一つの手です。

Leave a comment

お金の管理が簡単な介護のソフト

社会に高齢者が増加している事により、老人ホームの数も増えているというように色々な場所で変化が起きています。こうした変化はコンピューターのソフトウェアでも見受けられ、近年販売される量が急増しているのが介護事業者に特化したソフトウェアです。 Continue Reading »